多くの女性は車の整備、点検への苦手意識が強い上、現在の日本車は故障しにくいので、
前回の車検以降、ガソリン給油、洗車しか行わないという方が多く見られる。
日頃の整備を怠って次回車検時に多額の費用がかかったり、
エンジンが壊れてしまうといった事態になる事も少なからず生じています。
また、「来年車を替えるから」「もうすぐ下取り(買取)に出すから」と
壊れた(ぶつけた)ままの車に乗っている方も多い。
しかし、壊れた(ぶつけた)車は下取りに出されても、車屋さんとしても困ります。
当然、キズがついている部分は直す訳ですから、手配・準備等のリスクを負い、
実際にお客様が修理される金額より高くなり、その分下取り価格が安くなる結果になります。

致命的(エンジン・AT部分)な故障の場合

例えば100万円の下取り(買取)価格でも場合により半額または
それ以下になる可能性が大きなるでしょう。
しかし、定期的に信頼できる工場で点検しておけば、
わずかな修理費で済む事だったかもしれません。
そして、日頃から顔見知りになっておけば、少しサービスなどのメリットもあるかもしれません。
(ディーラーの場合、簡単な電球の交換だけでも工賃はしっかり請求されます。)
また、リアルタイムな売買情報が聞けたり、
多数のメーカー・車種を整備しているため車の特性をアドバイスしてくれたりします。
今後、車の乗り換えの時の参考情報が増え、修理整備以外のメリットも生まれるでしょう。



 
 
車を上手に乗って高く売るコツ!?
・洗車、WAXは勿論の事、車内を日頃から綺麗に使いましょう。
ワックスはプラスチック・ゴムも可能なカルナバ系等が環境にもやさしく良いです。
また、レザーワックス等で外装のゴム部品内装などを定期的に保護しておくと
年数がたってもとても綺麗な状態が保てます。

・メーター距離をなるべく伸ばさない様に環境、
 健康の為にもたまには自転車か歩きましょう。

車とは基本的に移動の道具ですが、チョイ乗りは車に取って結構過酷な試練を与えています。
車で並ぶより自転車の方が早かったなんて事もありませんでしたか?節約にもなりますよ。

・駐車場ではドアなどでぶつけられないように注意して止める。
一見頑丈そうに見えるホディーも今の車はとても薄い鉄板で出来ています。
小さなドアのえくぼでもへこみ板金修理があると売るときに査定が下がりますし、
「ポツポツ」ドアの横がへこんだ車は気分がよくないですよね。

・普段お買い物だけしか使っていない車であれば、
 時々高速道路などでエンジンを回す。
レースカーみたいに常にハードな走りをしているとボロになりますが、
あまりにも走らなさ過ぎる車もかえってエンジン等の調子も悪くなります

・車のフロントガラスに丸いシールを見て
 点検をしていなければ点検をしましょう。
使用状況に関係なく6ヶ月、12ヶ月点検をお勧めします。
例えばエンジンオイルは一定の温度が上がる事で本来の性能を発揮しますし、
日が経てば劣化しますので乗っていなくても交換をしてください。
料理に使うサラダ油でも一緒ですよね。
 
上記の事を実践していれば長年使った車でもかなり綺麗な状態を保てると思います。
売値が高くなるかは査定基準がありますので保障できませんがその時になってコレクター、
マニアが欲しがる車であればかなりの期待ができるかもしれません。がんばってください。
 

お問い合わせはコチラをクリック
お問い合わせ

TOP