調べたい項目を下記からお探し下さい。
ヒーターバルブ オイルフィルターエレメント・点火プラグ・ディストリビューダーキャップ・ハイテンションコード・グロープラグ・タイミングベルト ショックアブソーバー スターターモーター・クラッチオーバーホール・クラッチレリーズ・シリンダーキット・オートマチックトランスミッション オルタネーター ホイールバランス・ホイールハブグリース・ディスクプレート パーキングブレーキ ブレーキホイールシリンダーASSY・ブレーキホイールシリンダーキット・パーキングブレーキワイヤー・ブレーキオイル/エアー ブレーキドラム・ブレーキ ワイパーブレードゴム マフラー タイヤ エアコンベルト・エアコン ファサイドスリップ・ホイールアライメント・ドライブシャフトブーツ・ブレーキマスターシリンダーASSY・ブレーキマスターシリンダーキット・ディスクブレーキキャリパーキット・ブレーキフレキシブルホース・ディスクパットンベルト・パワーステアリングベルト・ウォーターポンプ ラジエターキャップ・ウォーターホース ラジエターキャップ ラジエターキャップ ラジエター バッテリー シールドビーム フューエルフィルター・フューエルホース・インジェクションノズル・クラッチワイヤー エアークリーナーエレメント・エンジン・クラッチマスターシリンダーキット TOP
エンジン関連  
7.ファンベルト交換 5.インジェクションノズル交換
7.パワーステアリングベルト交換 5.インジェクションノズル調整・交換
10.エアコンベルト交換 2.バッテリー充電・交換
6.エアークリーナーエレメント交換 11.オルタネーター交換
8.オイルフィルターエレメント交換 13.スターターモーター交換
6.フューエルフルター交換 8.点火プラグ清掃・調整・交換
7.ウオーターポンプ交換 18.ディストリリビューターキャップ点検・交換
3.ラジエター交換 8.ハイテンションコード交換

4.ラジエターキャップ交換

8.グロープラグ交換(ディーゼル車)
12.ヒーターバルブ交換 8.タイミングベルト交換
11.ウオーターホース交換 6.エンジン調整
5.フューエルホース交換  
TOP
走行装置  
21.タイヤ交換 18.ホイールバランス調整
18.ホイールハブグリース交換 14.ショックアブソーバー交換
17.サイドスリップ測定・調整 17.ホイールアライメント測定・調整
TOP
動力伝達装置  
13.クラッチオーバーホール作業 6.クラッチマスターシリンダーキット交換
13.クラッチレリーズシリンダーキット交換 5.クラッチワイヤー交換
13.オートマチックトランスミッション交換 17.ドライブシャフトブーツ交換
TOP
ブレーキ装置  
17.ブレーキマスターシリンダーASSY交換 17.ブレーキマスターシリンダーキット交換
19.ブレーキホイールシリンダーASSY交換 19.ブレーキホイールシリンダーキット交換
20.ディスクブレーキキャリバーキット交換 17.ブレーキフレキシブルホース交換
7.ディスクパッド交換 18.ディスクプレート交換
20.ブレーキドラム交換 20.ブレーキ調整
20.パーキングブレーキ調整 19.パーキングブレーキワイヤー交換
19.ブレーキオイル交換・エアー抜き作業  
TOP
その他
16.マフラー交換 9.ワイパーブレードゴム交換
1.シールドビーム(ヘッドライトバルブ)交換 10.エアコンシーズンインチェック

TEL 052-891-7451 FAX 052-891-7530
フリーダイヤル0120-834-489



TOP




1.シールドビーム(ヘッドライトバルブ)交換
ヘッドライトの電球で、作業はライト形状により電球のみの交換と一体型ASSY交換の2つのタイプがあります。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
断線
破損
ヘッドライト不灯
このページの最初へ



2.バッテリー充電・交換
自動車装備品のメイン電源で、車種により大きさ(容量)が異なります。
バッテリーは使用しなくても長期間放置すると放電し劣化しますので、定期的なメンテナンスが必要です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
劣化
上り
充電不足
過放電
エンジン始動不能




3.ラジエター交換
ウオーターポンプで循環した冷却水をエンジン前方にて冷却する容器で常に冷却水が満たされています。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
腐食
水漏れ
水漏れ
オーバーヒート




4.ラジエターキャップ交換
圧力弁になっているラジエター冷却水注入口に取り付くキャップで、冷却水の沸騰点を高め、オーバーヒートを防ぐ働きをします。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
劣化
損傷
固着
水漏れ
オーバーヒート




11.ウオーターホース交換
エンジン冷却水の循環用ホースで、ラジエーターホース、ヒーターホース等で構成。
高温で過酷なエンジンルーム内に配置されています。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
劣化
損傷
切れ
水漏れ
オーバーヒート




6.フューエルフルター交換
燃料をろ過をするフィルターで消耗品のため、定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
汚れ
詰まり
エンジン出力不足
息つき




5.フューエルホース交換
燃料パイプで、素材はゴムホースで出来ており、定期的な交換が必要となります。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
劣化
損傷
切れ
燃料漏れ




5.インジェクションノズル交換
燃焼に必要な燃料をコンピューターの指示にりシリンダー内に噴出するノズルで、電磁力により作動します。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
着固・詰まり
断線
エンジン出力不足
エンジン始動不良




5.インジェクションノズル調整・交換
燃焼に必要な燃料をシリンダー内に噴出するノズルで、噴出ポンプから送られた燃料を100kg/uもの圧力にて噴出します。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
噴射圧低下
後だれ
固着
出力不足・ノッキング
黒煙大
エンジン始動不足




5.クラッチワイヤー交換
クラッチペダルの作動を直接クラッチ作動部に伝えるワイヤーケーブルです。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
振動不良
固着
損傷
切断
クラッチペダル重い
すべり・クラッチ切れ
不良




6.エアークリーナーエレメント交換
エンジン燃焼に必要な、吸入空気をろ過するフィルターで、定期的な清掃と交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
汚れ
目づまり
燃費大・排気ガス濃度大
エンジン出力不足




6.エンジン調整
エンジンのバルブを作動させるカムシャフトのギア用駆動のゴム製ベルトです。
油や水分の付着は大きく寿命が短くなります。
使用状況によっては早めに交換が必要となります。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

エンジン調整により
1.始動性向上
2.燃費向上
3.出力向上
4.静粛性向上
等々




6.クラッチマスターシリンダーキット交換
クラッチペダルを踏むことにより作動し、油圧を発生する装置で、ゴム部品等のインナーキットの交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
損傷
オイル切れ・クラッチ
切れ不良




7.ファンベルト交換
エンジンの動力をベルトにより発電用のオルタネーターとエンジン冷却用のウオーターポンプを同時に駆動する重要な部分です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
ゆるみ
損傷
ベルト鳴き
異音
充電不足
切断 充電不足
オーバーヒート
このページの最初へ



7.パワーステアリングベルト交換
エンジンの動力をベルトによりパワーステアリング油圧ポンプを直接駆動する重要な部分です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
ゆるみ
損傷
アイドル時ベルト鳴き
異音・加速時スリップによる鳴き
切断 パワステ効かず
ハンドル操作重い




7.ウオーターポンプ交換
エンジンの冷却水の循環ポンプでファンベルトによって駆動されます。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
水漏れ
ベアリング磨耗
ガタ
オーバーヒート
エンジン異音




8.オイルフィルターエレメント交換
エンジンオイルのろ過をするフィルターで消耗品のため、カートリッジタイプが多く用いられています。
エンジンの性能維持のため定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
汚れ
詰まり
エンジンオイル劣化
エンジン早期磨耗
取付部のゆるみ オイルにじみ・漏れ



8.点火プラグ清掃・調整・交換
エンジンシリンダーヘッドに取り付き始動するためのもので高温・高圧ガス内で高電圧のスパークにより混合気を点火爆発させるものです。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状

磨耗
損傷
くすぶり
破損

エンジンミス
エンジン始動不良
燃料消費大
エンジン始動不良




18.ディストリリビューターキャップ点検・交換
イグニッションコイルで発生した高電圧を各シリンダーの点火プラグへ送る配線盤でプラグコードが取り付きます。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

腐食
損傷

エンジンミス・ノック
エンジン始動困難




8.ハイテンションコード交換
点火プラグへの高電圧用の伝導コードで電気を通す芯は、針金等金属ではなく、糸とカーボンパウダーを使用しています。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

接触不良
断線

導通不良によるエンジンミスや始動困難や不良




8.グロープラグ交換(ディーゼル車)

エンジンの始動性をよくするためのヒータープラグで燃料室内の温度を上げ冷却時の活動性を容易にします。

●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

焼損
断線

エンジンミス始動困難



8.タイミングベルト交換
エンジンのバルブを作動させるカムシャフトのギア用駆動のゴム製ベルトです。
油や水分の付着は大きく寿命が短くなります。
使用状況によっては早めに交換が必要となります。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

磨耗
破損
切れ

エンジン始動不良




9.ワイパーブレードゴム交換
雨天時等、ガラスの視界を確保する雨水除去用のゴムで、長期間使用すると劣化によりゴムが硬化し、機能が大きく低下します。
また、磨耗が激しく、フロントガラスの視界確保のためにも早め早めの交換がかかせません。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状

劣化・摩耗
損傷・切れ

ワイパービビリ
拭い不良




10.エアコンベルト交換
エンジンの動力を直接エアコン・コンプレッサーに伝えるもので、コンプレッサーの作動時に大きな負担がかかります。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
ゆるみ
損傷
アイドル時ベルト鳴き
異音
加速時スリップによる鳴き
切断 エアコン効かず



10.エアコンシーズンインチェック
エアコン関連機器の調整作業と総合チェックで、エアコンの性能を保つために一年に一回のチェックは3 欠かせません。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状

エアコンガス
量不良・ガス
洩れ・ベルト
ゆるみ・損傷

エアコン効き不良
エアコン効かず



11.オルタネーター交換
ファンベルトによって駆動される発電機で、
エンジンの回転中、全ての電装品に電気を供給します。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

充電不良

バッテリー上がり




12.ヒーターバルブ交換
車室内のヒーター部に循環する冷却水を
コントロールするバルブです。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
水漏れ オーバーヒート




13.スターターモーター交換
エンジン始動するためのもので電装品の中では一番大きな電流が流れます。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状

磨耗
損傷
回らず

異音・回転不足

エンジン始動不良




13.クラッチオーバーホール作業
エンジンの動力をトランスミッション側に伝達する装置です。構成部品のクラッチディスク等は消耗品のため、早めの交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
摩耗
油切れ
損傷
すべり・ビビリ・切れ
不良・異音
走行不能




13.クラッチレリーズシリンダーキット交換
トランスミッション側に取り付き、マスターシリンダーからの油圧によりクラッチ内部を作動させるシリンダーキットです。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
損傷
サビ
固着
オイル洩れ
切れ不良
クラッチすべり




13.オートマチックトランスミッション交換
エンジンの動力をタイヤ側に伝達する自動クラッチ機能と自動変速機能を備えたオートマチックトランスミッションです。
構造が非常に複雑な高精度の機器のため一般的にメーカー管理のリンク品補強体制になっています。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
摩耗
損傷
オイル洩れ・すべり
ショック大
タイムラグ大
異音




14.ショックアブソーバー交換
タイヤ・スプリング等の足回りからボディーに伝わる ショックを吸収する機能を持っています。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
磨耗
損傷
油洩れ
ショック吸収不良
ブレーキ片効き
ブレーキ時ハンドル取られ




15.パーキングブレーキ調整
自動車の使用過程でのライニングの磨耗や、パーキングブレーキワイヤーの伸びによる、作動部分の遊びがパーキングブレーキレバーの引き代等のストロークを大きくします。
この為リヤプレーキ調璧後、ワイヤーアジヤスターにて基準値に調整する必要があります。
また安全性確保のために定期的な調整が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状

ライニング磨耗
パットの磨耗
ワイヤーの伸び

パーキングブレーキレバー引き代大
効き不良




16.マフラー交換
エンジン内で燃焼した高温・高圧の排気ガスを
大気中に放出する前にマフラーで減圧し、温度を下げ排気騒音を低下させます。
マフラーからは排気ガスと共に水蒸気も放出されます。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
腐食・穴あき
損傷・破損
詰まり

排気ガス洩れ
廃棄騒音大

エンジン出力不足





17.サイドスリップ測定・調整
自動車の走行安定性を確保するために必要な
タイヤの整列や、ハンドル操作・アライメントの
調整具合を総合的に測定調整する作業です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
狂い タイヤ片べり
ハンドル流れ




17.ホイールアライメント測定・調整
燃料をろ過をするフィルターで消耗品のため定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
狂い タイヤ片べり
ハンドル重い
ハンドル流れ
戻り不良




17.ドライブシャフトブーツ交換
ドライブシャフト・ジョイント部の保護カバーです。
走行中は常にシャフトとともに回転し、振動等過酷な環境下での機能部品です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
損傷
切れ
グリース洩れ




17.ブレーキマスターシリンダーASSY交換
フットブレーキ作動用の油圧を発生させるもので、ブレーキの心臓部にあたる重要な部品です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
損傷
摩耗
劣化
ブレーキオイル洩れ
ブレーキ効かず




17.ブレーキマスターシリンダーキット交換
フットブレーキ作動用の油圧を発生させるシリンダー部の重要な部品で、ブレーキ装置の心臓部にあたります。
視用部品は自動車の使用状況や走行kmにかかわらず定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
摩耗
劣化
損傷
ブレーキオイル洩れ
ブレーキ効かず




20.ディスクブレーキキャリバーキット交換
ディスクブレーキの作動用シリンダー部の重要な部品で定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
摩耗
損傷
劣化
固着
オイル洩れ・切れ不良
効かず




17.ブレーキフレキシブルホース交換
ブレーキオイルの高圧ホースで自動車のボディー側とシャーシ側の間を接続するゴム製の重要なホースで、使用状態や走行kmに関わらず定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
劣化
損傷
切れ
破損
ブレーキオイル洩れ
ブレーキ効かず




7.ディスクパッド交換
ディスクブレーキ・キャリバーに取り付き、ホイールとともに回転するディスクロ一夕ーを摩擦で止める重要な部品で、高負荷、高温等の非常に過酷な条件下で作動します。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
磨耗
損傷
ブレーキ鳴き
効き不良・片効き




18.ホイールバランス調整
タイヤ・ホイールの回転バランスを取る調整作業で、高速走行には不可欠な作業です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
バランスウェイト脱落・タイヤ偏磨耗によるバランス狂い ハンドル振れ




18.ホイールハブグリース交換
ホイールベアリングの潤滑用グリースとシールで、グリースは密閉充填のため定期的な交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要   必要

不具合
症状
グリース劣化
シール磨耗
損傷
ベアリング磨耗
損傷・グリース洩れ




18.ディスクプレート交換
ホイールと共に回転し、デイスクパッドが両面より接触し、制動力を得る重要な部品です。整備としては、部品交換の 他研磨作業により修正も可能です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
磨耗
損傷
サビ
ブレーキ鳴き
効き不良・片効き




19.ブレーキホイールシリンダーASSY交換
ホイール部のブレーキ作動用シリンダーで、ブレーキペダル部のマスターシリンダーの油圧により、ブレーキライニングを作動させる重要な部品です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
摩耗
損傷
サビ
固着
オイル洩れ・切れ不良
効かず




19.ブレーキホイールシリンダーキット交換
ホイールブレーキの作動用シリンダーの中の重要な部品で、自動車の使用状態や走行kmに関わらず定期的な安換が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状

摩耗
劣化
損傷

ブレーキオイル洩れ
ブレーキ効かず




19.パーキングブレーキワイヤー交換
パーキングブレーキレバー等の操作により、リヤプレーキライニング等を作動させるワイヤー式のケーブルで長期間使用によるワイヤーの伸びの調整が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
サビ
摺動不良
損傷・固着
切れ
パーキングブレーキ効き不良・戻り不良
パーキングブレーキ効かず





19.ブレーキオイル交換・エアー抜き作業
ブレーキ作動用オイルは、ブレーキの油圧系にゴム部品が数多く使用されているため、他部位に使用されている鉱物性の油脂とは異なる植物性のアルコール性オイルを用いています。
このため長期間の使用では汚れは基より、ブレーキオイルの性質上吸湿性が高く、水分等の混入によりブレーキ性能が大きく低下してしまいます。安全性確保と維持のため定期的なブレーキオイルの交換が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
劣化
汚れ
エアー混入
ブレーキペダル踏み残り不安定
ブレーキペーパーロック
ブレーキ性能低下




20.ブレーキドラム交換
ホイール部に取り付き共に回転し、内側はブレーキライニングとの摩擦で制動力を得る重要な部品です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
磨耗
損傷

ヒビ
ブレーキ鳴き
効き片効き




20.ブレーキ調整
ブレーキライニングが磨耗した分のドラムとライニング間のすき間を、一定の基準値にするための調整作業で、安全の確保のため定期的な調整が必要です。
●整備の重要度
最重要 重要   必要  

不具合
症状
ブレーキライニング磨耗 ブレーキペダル踏み残り代小
ブレーキ効き不良




21.タイヤ交換
タイヤは自動車の種類や用途によって数多くの種類が用意されています。快適な高速走行やハンドリング、また、スリップ防止、安全なブレーキングを保つため、タイヤ溝が1.6mm未満では交換が必要です。
●整備の重要度
最重要   重要 必要  

不具合
症状
摩耗
片べり
損傷
ハンドル重い・振れ
流れ・スリップ・片効き
このページの最初へ


TOP