2005年 9・10月合併号



 
黄色信号で行く?行かない?


号の色でどういう反応をするかで各都市の違いが言われる。よく聞くのは名古屋のドライバーは黄色になっても突っ込む人が他県より多いということ。これは耳の痛い話で私も大いに思い当たるふしがある。実際、街中でもよく見かける光景だ。前の車につながって、ここで行かなければ損とばかりどんどん行く。最後のクルマは完全に赤で行くという始末。前方の信号が黄色になったらからといって躊躇なく止まろうとでもしようものなら追突の心配をしなくてはならない。勇気を出して黄色で止まるときはついバックミラーを見てしまう。中には平気で追い越してゆく輩もいる。すでに赤なのに。これは危ない。

ここでおさらい。交通規則では青は進め。赤は止まれ。黄色は注意。注意というのは赤に変わるので注意して止まってくださいという意味。「黄色は注意」で覚えているので、いつしか黄色は注意して…の注意のみが印象に残って注意して渡れという都合のよい解釈になってしまったのだと思われ、いつしか注意も省かれて渡れのみになっている人もいたりして。黄色は単に赤に変わる前の合図ということに。また名古屋人は黄色の間は双方が止まっているので交差点の中が空っぽ状態というのが我慢できず、その合理精神から黄色も大いに利用せよという考え方もあるのか。いわゆる黄色は「もったいない」と。

これは怖いことで大事故につながりかねない。長いように見えて黄色の時間は短い。近所のヨーカドーの信号で測ってみたら3秒。市内中心部の大きな交差点で7秒。7秒を基本にしていると3秒はあっという間。ただ、黄色で突っ込む習慣が一般化?しているのでそのような流れで交通がなりたっているようにも見える。青になっても注意してスタートするなどの習性が身についているのだ。したがってここ名古屋近辺では青に変わっても注意して進めという暗黙のルールが出来ているのかも。青は注意、黄色は急げ、ってなんだか変だけど。

他に聞くのは大阪のドライバーはまだ赤なのに発進するということ。見切り発車。本当にやっているのか、こんな怖いこと。隣の信号が赤になったら行ってよし。とても名古屋ではできない。名古屋と大阪のドライバーが同じ交差点で出くわしたら…。

愛知県は交通死亡事故件数でつねにワースト1、2を競っている。












 

 










 
 
グリーン化税制どう思います


燃費車、排出ガス低減車に対して自動車税を減額するもの。すると地方の財政が厳しくなるので一方で新車登録から13年たつ古いクルマは自動車税が10%増しになる(重課)。2000ccのクルマでは39500円が43450円。ちょっと大きくないですか、この差。これは新車で減額した分の税収を補うためでこれが一番の理由らしい。

他には古いクルマを買い替えさせようというねらいがあったと思われる。この改正があった平成13年は日本が不景気の真っ只中。古いクルマは環境に悪いからという大義名分にされたのだ。我々、自動車整備業を生業(なりわい)とする者から見れば排出ガスのことを指していると思われるがこれはおかどちがい。15年たったクルマでも現在のクルマより有毒な未燃焼ガスが少ないこともざらにある。燃費だって昔と今でも実用上ほとんど変わっていない。ようはクルマ個々の性能とコンディションの問題。古いクルマを大切に乗ってらっしゃる方はキチンとメンテナンスしていることが多くクリーンなクルマだって多い。イメージで決められたとしか思えない。メーカーにとっては買い替えの後押しになるからウェルカムだと思うが。本当にクリーンなクルマの減額は良いとして、古いクルマの割り増しはちょっとなんとかなりませんかね。モノを大切に使うという観点から私はけしからんと思います。割り増しどころか表彰モノだ。















   
   
スバルの魅力


近、スバルを専門に扱う中古車店が増えた。他のメーカーではあまりこういった例は無い。輸入車にはよくあるけど。新車販売の国内シェアも全然ぱっとしないこのメーカーがなぜ。これでないとダメという人達がいる。理由の一つは信頼性。単に故障のことではなくスバルを買っとけば運転することが楽しく安全であるということへの信頼。外観は普通だけど水平対向エンジンと4WDの技術がこれ見よがしでなくおさまっているところがいい。外は普通で中身がちょっと違う。平凡な外観と非凡な実力。いざという時すごい。藤沢周平の小説に出てくるお侍みたいだ。2過酷な条件化で使用されることが多い北米大陸、オーストラリア大陸、最近では北欧での人気がそれを物語る。トヨタが大株主となった今このスピリットを貫けるか。竹中社長!(現、富士重工社長)目先の利益にくらまないでトヨタにはできない(トヨタにしかできないモノの方がいっぱいあるが)クルマ造りをこれからも頼みますよ。

・工場入り口工事のため4月29日〜5月7日まで休みます。