2004年 12月号



 
クルマの整備工場から見た中古車事情

めてのお客さんでスバル・フォレスターのボデーの凹みの修理依頼がありました。
その際、真っ直ぐな道なのにハンドルがずれているのでそれも一緒に見といてほしい
とのこと。ボデーの修理に入る前にテストドライブをしてみると、予想以上のズレ。
ハンドルがシャフトにさしこんである部分でのコマ数で「一コマ左にずれている」などと
言うのですが、もはやコマ数で表現できるズレではありません。これは何かあるなと
直感しました。普通に真っ直ぐ走るには走るが(ハンドルのズレはあるが)車線変更の
ような動作をしてみるとボデーの収まりがよくない。スッと切ってスッと戻したときに
姿勢の復元が不安定だ。ふた呼吸くらい後輪の戻りが悪い。この状態での高速走行は
危険。タイヤを観察してみると左の後輪が目で見て分かるほど前に開いていた。
4本のタイヤは平行になっていないといけないのが1本だけ変な方向を
むいているのだ。タイヤ接地面の温度もこの1本だけ不均等。
お客さんに尋ねてみると買ったときから高速道路で不安を感じていた様子。
でもこんなもんかなと思っていたそうです。スバル・フォレスターはこんなもんでは
ありません。とくにこのクルマはSTi(スバル・テクニカ・インターナショナル)バージョンで
走行性能にさらに磨きをかけたシロモノなのだ。本物の良さを知ってもらうために
ここはボデーの凹み以上に足回りをちゃんとしときましょうとオーナーの確認をとり
作業進行中です。

このように中古車選びはリスクが伴う。最近、我々のような“小さな整備工場”にも
欠陥中古車の修理依頼が増えている。社会全体ではかなりの数であろう。
ここ数年クルマの盗難が急増したが、欠陥中古車も増えているのは確か。
売る側もそこまで深刻な問題としていないのだろう。クルマをファッションアイテムの
一つとしか考えていない人たちもいる。走る機械としての機能がしっかりしていての
ファッションアイテムなら問題は無いけど。売る側さえちゃんとしていれば買うほうは
心配なく買えるのだがそうは“イカのなんとか”なのだ。


解説 
欠陥中古車とは、大きな事故などの原因で生じた不具合をきちんと修復していない
クルマ。事故車が欠陥ではなく重要な部分がきちんと直してあるかどうかが問題。
当然、きちんと直すにはそれ相応の技術(知識、テクニック)とコスト(時間、費用)と
思い入れが必要。ですから事故車といえそんなに安くはできない。走行キョリが
多いとか年式が古いなどは欠陥とは言わない。

ホームページのこと
ささやかですがインターネット上にホームページを出しています。でお問い合わせが
タマ〜にある。先日、トヨタ・エスティマのディーゼルエンジン不調の問い合わせで
かなり深刻な様子。それがオーストラリアからのeメールでした。「えっ」と思ったが
インターネットとはこういうふうに海外とのやり取りが気軽にできる便利なものだと
感心した。海外の日本人が困って頼りにしてくれている、そう思うと頼られたことが
嬉しくて何回かメールのやり取りをしました。現地の工場で修理をしているのですが
お金をかけてもなかなか直らなくて不安になる。そんな気持ちが理解できたので
経験と知識を総動員してアドバイスした。あとで女性だということが判明して
嬉しくなりましたが、人妻だと分かりちょっとがっかり。でも最後にお礼の言葉を
いただき(^^)。こんなときは売り上げ0円でも嬉しいものです。
ホームページ作成を依頼している早川氏からはもっとマメに更新しないとダメですよ
と言われ続けて、ハイハイと言いつつなかなかやらない現状で、自分に渇。
http://www.saeilo-m.co.jp



















 
 
ウォーターコートのこと

工していただいた方には大好評。
自信の無さでは自信がある私がこうまで言うのだからかなりのスグレモノ。
こんな人にやっていただきたい!
★クルマをキレイにしていたい ★クルマが好き ★クルマを大切にしたい

★ダンナ(彼氏)が洗車をしてくれない 

★洗車がもっと楽だったらな〜と思っている

最近はクルマ好きのなかで“ウォーターコート”の認知度が上がっているようで
突然のご依頼も増えた。はじめのころ一所懸命説明していたのが懐かしい。
テレビなどでやっているわけではないのにどこで情報が入るのだろう。
誰しも経験があると思うが何か興味をもっているとうまくピッタリの情報に
出会うことがある。多分それだ。


追記&ニュース
■先月のどんべいレシピ、おかげ様で大好評。(間違いなく一人は)
■スバルR−1デビュー間近! R−2の弟分、R−1。乞うご期待。
ちょっと小粋なパーソナルカーに、あるいはスマートな営業車にも。